独自の不動産AIを活用した

不動産AI×不動産小口化商品

最新の不動産AIが導き出した物件に小口投資。
その運用益や売却益を分配する短期償還型の堅実な資産運用です。

不動産AIが選定した対象不動産に小口投資する未来型の不動産投資ファンド

NEWS

2021-01-20
本日11:00より1口1万円から始めるクラウドファンディング「SMART FUND 10号」(愛知県稲沢市)募集開始いたしました。
2021-01-18
1口1万円から始めるクラウドファンディング「SMART FUND 10号」(愛知県稲沢市)を1月20日より募集開始いたします。
2021-01-15
本日より東京・愛知の賃貸大家さんシリーズ第9弾「SMART FUND 9号(愛知県豊田市)」募集開始いたしました。
2021-01-14
1月15日 東京・愛知の賃貸大家さんシリーズ第9弾「SMART FUND 9号(愛知県豊田市)【書面契約】」募集開始予定
2020-12-25
1口1万円から始めるクラウドファンディング第1弾「SMART FUND 8号(さいたま市緑区)」は募集率119%にて募集終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

過去のお知らせ一覧

新着ファンド情報

会員登録をしていただきますと、最新のファンド情報のご案内やセミナー情報を優先的にご案内させていただきます。
SMART FUND 10号(愛知県稲沢市)

SMART FUND 10号(愛知県稲沢市)

  • クラウド
  • インカム重視型
  • 募集中
想定利回り 年6.7% 想定運用期間 10ヶ月
募集単位 1口1万円
(最低5口から)
募集金額 2,450万円
SMART FUND 9号(愛知県豊田市)

SMART FUND 9号(愛知県豊田市)

  • 書面契約
  • インカム重視型
  • 募集中
想定利回り 年6.7% 想定運用期間 1年
募集単位 1口50万円 募集金額 8,750万円
SMART FUND 8号(埼玉県さいたま市緑区)

SMART FUND 8号(埼玉県さいたま市緑区)

  • クラウド
  • インカム重視型
  • 募集終了
想定利回り 年6.7% 想定運用期間 1年
募集単位 1口1万円
(最低5口から)
募集金額 4,050万円

その他のファンド一覧

LINE UP

不動産小口化商品ラインナップ

3種類のファンドの特長を詳しくご紹介

森林再生

森林再生シリーズ

( 分譲戸建 / キャピタル型 )

SMART FUND

SMART FUND シリーズ

( 賃貸住宅 / インカム重視型 )

LAND

LAND シリーズ

( 造成宅地 / キャピタル型 )
- 来春募集開始予定 -

「キャピタル型(森林再生シリーズ、LANDシリーズ)」「インカム重視型(SMART FUNDシリーズ)」
2種類のファンド形式があり、お客様のポートフォリオに合わせた投資方法をお選びいただけます。
キャピタル型
(森林再生シリーズ、LANDシリーズ)
での運用をご希望のお客様向け
対象物件:
戸建て(森林再生)、土地(LAND)
運用期間:
6ヶ月〜1年(森林再生)、4ヶ月~6ヶ月(LAND)
「森林再生シリーズ」は投資の対象が新築一戸建てです。運用期間は、投資対象の物件が売却されるまでの期間となり、数ヶ月~1年間を想定しています。「LANDシリーズ」は投資の対象が土地です。測量・境界確定・造成工事などを行い、きれいな宅地の状態にして売却し、4ヶ月~半年間を想定しています。森林再生シリーズ・LANDシリーズともに短期で元本と配当の回収が見込めるため、早めに手元に資金が戻ってきてほしい方は、こちらが向いています。資金が戻ってきた後、また継続投資したい方には新しいファンドをご紹介します。
インカム重視型
(SMART FUNDシリーズ)
での運用をご希望のお客様向け
対象物件:
賃貸住宅
運用期間:
約1年〜3年
「SMART FUNDシリーズ」は投資の対象が新築賃貸住宅です。運用期間は、1年間を想定しています。家賃収入と最終的な売却益の双方での運用となります。1年間、元本は戻りませんので、余裕資金がある方に向いています。SMART FUNDシリーズの最大の特長として、入居期間中は空室保証が付いているため、空室リスクはございません。
※一部商品は空室保証が付いていないものがございますので、商品案内をご覧ください。

リスクの少ない投資を実現

独自の不動産AIとは

TSONでは、投資対象不動産の市場価値を的確に判断するため、独自の不動産AIを活用。不動産AIは、WEB上から収集した約300万件の不動産データを分析し、住所・希望価格・希望販売期間を入力するだけで、市場の販売動向を把握できる独自のマーケティングシステムです。

独自の不動産AIとは

不動産小口化商品
(不動産特定共同事業)とは

投資家の皆様から出資を受け、現物不動産を取得し、売買等で得られる利益を分配します。
  • 株式相場に左右されにくい
    実物不動産投資
  • 物件管理は一切不要
    手間なしの不労所得に
  • 元本割れリスクを低減する
    「優先劣後システム」

この事業には主務大臣又は、都道府県知事の許可が必要です。

ファンドの仕組み

金融のプロが解説

大井 幸子

大井 幸子

  • 株式会社SAIL 代表取締役社長
  • 国際金融アナリスト
  • 武蔵野大学客員教授
  • 年金シニアプラン総合研究機構 理事

ウォール街で20年近いキャリアを持ち、ヘッジファンドなどオルタナティブ資産の運用に関して論文・記事、講演多数。日米の金融、政治経済面で幅広い人脈を持ち、国際金融アナリストとして活躍中。

他にはないユニークな特徴

投資家は事業主TSONと共に投資し、利益を共有します。いわば、お互い事業パートナーです。TSONは借地に賃貸用メゾネット住宅(インカム重視型)もしくは戸建て住宅(キャピタル重視型)を建設します。例えばインカム重視型では、事業費に地代、建設費、メンテナンスなどが含まれます。そして、家賃が投資家に利息として支払われ、物件を売却して元本が払われます。こうしたプロジェクトに投資家は一口50万円から小口で参加できます。
投資家の立場から見ると、株式相場とは相関性の低い、文字通りの実物投資です。私共は株式の他に、債券、リート、金など、株式と相関性の低い資産を組み入れてポートフォリオとして投資します。TSONのインカム重視型は債券の代替として、また、キャピタル重視型はリートの代替として、全体の10%くらい組み入れると、ポートフォリオの価値を高めます。
投資家の中には地主さんや大家さんもいます。不動産は有効活用しないと固定資産税や相続等で重荷になってしまいます。そこで、地主さんはTSONに借地し、地代を稼ぎ、土地の有効活用によってコミュニティづくりに貢献できます。特に、高齢者にとって地代や家賃収入は年金の足しになります。TSONの仕組みを利用して、不動産をキャッシュフローに転換して、新しいライフスタイルを楽しめます。

まずは会員登録

まずは会員登録

会員登録をしていただきますと、最新のファンド情報のご案内やセミナー情報を優先的にご案内させていただきます。 無料でご登録いただけますので、ぜひご登録ください。

新規会員登録

お問い合わせ
  • ※1 想定利回りは商品により異なります。
  • ※2 不動産市場の影響により不動産評価額が減少した場合、元本割れが生じたり、想定利回りを下回る可能性があります。
  • ※3 対象不動産全部の売却が想定運用期間内に完了した場合、その時点で契約が終了します。また、想定運用期間内に対象不動産全部の売却が完了しなかった場合、運用期間を延長することがあります。
クラウドファンディング
Page top