よくある質問

Q匿名組合とは何ですか?

商法に規定されている匿名組合契約です。

商法535条に規定されている契約形態で、お客様が事業者のために出資し、事業者がその営業から生じる利益を分配する契約のことです。「森林再生」へのご出資にあたっては事業者である株式会社TSONと出資者であるお客様との間で匿名組合型の不動特定共同事業契約を締結していただきます。

※匿名組合の出資者は出資した金額の範囲内のみで、責任(有限責任)を負います。

Q出資にかかる手数料を教えてください。

手数料(消費税別)については下記のように定めております。

  1. 申込手数料:無料
  2. 譲渡手数料:出資金の3%

Q分配金額は確定していますか?

分配金額は変動することもございます。

売買利益が予想を下回った場合は、分配金が想定金額を下回る可能性があります。また、運用期間終了前に対象不動産全部の売却が完了した場合は、その時点で契約が終了し、分配金額の計算は日割りで行われます。

Q分配日はいつですか?

分配は年1回です。

分配金は源泉徴収後、各計算期間の末日から2ヶ月後の最終営業日(金融機関が休日の場合はその前日)にお客様の指定口座にお振込いたします。ただし対象不動産の一部の売却が行われた場合、当該売却日を計算期間の末日とみなし、分配金の支払いを行います。

※一部商品により異なります。

Qキャピタル重視型はどのようにして分配金を得るのですか?

売却利益を主な分配原資として、匿名組合利益を出資金に応じて分配いいたします。

購入した価格よりも、弊社独自の不動産AIから導き出した高い価格にて売却をおこないます。その売却した際の利益(キャピタル重視)を主な分配原資として、匿名組合利益を出資金に応じて分配金をお支払いします。

Q全ての対象不動産が1年以内に売れてしまった場合は、どうなるのですか?

売却日を計算期日とみなして事業終了となります。

全ての対象不動産が売れたしまった場合は、売却等が行われた日を計算期日とみなして遅滞なく出資者様に分配金のお支払いと出資金の返還をおこない事業終了となります。また1年以内に売れなかった場合には6ヶ月を超えない範囲で本契約の契約期間を延長することがあります。

Qどのようなリスクがありますか?

以下のようなリスクがあります。

  • 価格変動リスク
    不動産価格の下落により、予定していた売却利益が得られず、又は売却損失が発生する可能性があります。この場合、予定されていた分配金が支払われないことや、元本の一部又は全部が返還されないことがあります。
  • 信用リスク
    事業者である株式会社TSONの破綻等により、出資金の一部又は全部が返還されないことがあります。
  • 災害等リスク
    対象不動産の全部または一部が、地震などの災害等によって減失、毀損した場合や隠れたる瑕疵が見つかった場合、不動産売却価格の下落が生じ、損失が発生することがあります。これにより出資金の換金価格が当初の出資金の価額を割り込むことがあります。
Page top